ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 深山変電所本館(旧椋梨川発電所本館)

深山変電所本館(旧椋梨川発電所本館)

【解説】
大正7年(1918)に椋梨川発電所本館として竣工した石造平屋建の建造物で,現在は改修されて深山変電所本館となっている。
小屋組はキングポストトラスで,壁面を瘤出仕上げの花崗岩布積で築き,四周に配した半円アーチ形開口部の間に控壁をつける。
山間部の近代化を象徴する重厚なつくりの洋風建築で,広島県における電力業発展の歴史を示している。

名称 深山変電所本館(旧椋梨川発電所本館)
よみがな みやまへんでんしょほんかん(きゅうむくなしがわはつでんしょほんかん)
指定 国登録
種別  
種類 建造物
所在地 東広島市河内町
員数 1棟
指定年月日 【登録年月日】平成19年5月15日
構造形式 石造平屋建,スレート葺,建築面積200平方メートル
法量 桁行20m,梁間10m
公開状況 外観常時公開(ただし敷地内立入禁止)
交通案内 ○JR山陽本線河内駅から北に約1.5km
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする