ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 山波変電所(旧広島電気尾道発電所)

山波変電所

【解説】
 備後地方における電力供給増強のため建設された大規模火力発電所の施設。イギリス積みのレンガ造りで,桁行32m,梁間12m。
 小屋組は鉄骨造フィンクトラスで,内側内部は一部2層に作る。国道2号線沿いの海側に建ち,尾道・福山間のランドマークとなる。

名称 山波変電所(旧広島電気尾道発電所)
よみがな さんばへんでんしょ(きゅうひろしまでんきおのみちはつでんしょ)
指定 国登録
種別  
種類 建造物
所在地 尾道市山波町
員数 1棟
指定年月日 【登録年月日】平成18年3月2日
構造形式 レンガ造2階(一部平屋)建,鉄板葺,建築面積510平方メートル
法量  
公開状況 外観常時公開(ただし敷地内立入禁止)
交通案内 JR山陽本線尾道駅から東に約3km
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする