ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 長江浄水場着水井

画像はありません

【解説】
大正14年尾道市水道開設に伴い建造。槇ケ峠の頂を約12m掘り下げて築かれた尾道市創設水道の浄水池施設の一つ。水源地より自然流下により導水された原水を受ける施設で,鉄筋コンクリート造隔壁で内部を区切り,天端には花崗岩を配す。

名称 長江浄水場着水井
よみがな ながえじょうすいじょうちゃくすいせい
指定 国登録
種別  
種類 建造物
所在地 尾道市長江三丁目
員数 1井
指定年月日 平成16年9月10日
構造形式 鉄筋コンクリート造 長方形 面積5.0平方メートル 内法長さ4.2m 幅1.2m 深さ2.4m
法量  
公開状況  
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする