ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 福山誠之館高等学校記念館

福山誠之館高等学校記念館

【解説】
福山誠之館は安政元年(1854年)に創設された福山藩校である。昭和8年(1933)に当初の学堂の玄関部分と新築の主屋(しゅおく)を組み合わせ,記念館として開館した。
近世の雄大な唐破風玄関(からはふげんかん)と近代の入母屋造(いりもやづくり)の主屋が巧みに融合した構成で,和風の意匠と造形の連続性をよく示している。

名称 福山誠之館高等学校記念館
よみがな ふくやませいしかんこうとうがっこうきねんかん
指定 国登録
種別  
種類 建造物
所在地 福山市木之庄町
員数 1棟
指定年月日 【登録年月日】平成13年10月12日
構造形式 木造平屋建入母屋造桟瓦葺き(さんかわらぶき)
法量 建築面積73.4平方メートル
公開状況 平日は公開(外部のみ。見学希望者は事前に学校へ申し込んだうえで,見学当日に学校受付へ申し出ること。)(084‐922‐0085)
交通案内 ○JR「福山駅」から北へ約1.5km
○JR「福山駅」から「向陽団地循環線」バスで「誠之館高校前」下車,東へ約200m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする