ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 呉市水道局平原浄水場低区配水池

呉市水道局平原浄水場低区配水池

【解説】
平原浄水場は,呉市の中心市街を展望できる灰ヶ峰の南麓,平原町の高台(標高86m)にある。
市民用の水道施設としてつくられた浄水場で,配水池は地下式で場内南側に位置する。煉瓦及びコンクリート造で,通路を中心に2つの池を配置した形式になる。南北にある煙突状の煉瓦造換気塔の意匠は独特である。

名称 呉市水道局平原浄水場低区配水池
よみがな くれしすいどうきょくひらばらじょうすいじょうていくはいすいち
指定 国登録
種別  
種類 建造物
所在地 呉市平原町
員数 1構
指定年月日 【登録年月日】平成10年10月9日
構造形式 煉瓦造,大正6年建設
法量 幅37m,長さ71.5m
公開状況 外観は見学可能
交通案内 ○JR「呉駅」から「平原経由苗代行」バスで「平原水源地前」下車,東へ約150m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする