ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 原神楽

天臺将軍 神がかり

【解説】
 太田川中・下流域に分布する「安芸十二神祇神楽(あきじゅうにじんぎかぐら)」の一つで,10月第2日曜日の前夜,伊勢神社のヨゴロの行事で舞われる。
 舞殿を仮設する伝統や安芸十二神祇神楽の型を忠実に伝承し,加えて中世神楽の根幹を成す「湯たて」「所務分(しょもわけ)」「荒平(あらひら)」「天臺将軍(てんだいしょうぐん)」等を伝承している。
 特に,神がかりを伴う「天臺将軍」は県内でわずか2例しか現存していない貴重な舞であり,この「天臺将軍」を伝承している点で,原神楽卓越した価値を有する。

名称 原神楽
よみがな はらかぐら
指定 県指定
種別 無形民俗文化財
種類  
所在地 廿日市市原
員数  
指定年月日 平成24年1月26日
構造形式  
法量  
公開状況 10月第2日曜日の前夜 伊勢神社
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする