ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 神楽(尾道市御調町)

画像はありません

【解説】
この神楽は,「千草舞」「悪魔払」「三恵比須」「折敷舞」などの舞によって構成されており,畳2枚の広さの中で舞う備中神楽の古型を多分に残している。
その中で「折敷舞」というのは,神の献饌に用いる折敷を採物とした舞で,もとは榊舞・剣舞・茣蓙舞(ござまい)などと同じく,神楽の最初に舞われる儀式舞の一つであったが,明治初年にこの舞に趣向が加えられ,折敷のかわりに盆や刀身を持ち,それに多数の盃をのせて舞う舞となった。なお,「三恵比須」などの狂言舞は古風な笑いを伝承しているものである。 

名称 神楽
よみがな かぐら
指定 県指定
種別 無形民俗文化財
種類  
所在地 尾道市御調町
員数  
指定年月日 昭和46年12月23日
構造形式  
法量  
公開状況 公開時期は,特になし
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする