ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 神楽―鈴合せ―

画像はありません

【解説】
この舞いは「やよし」とも言われるが,八つの舞方を組み合わせているところから「八寄(やよせ)」が訛ったものであろう。
烏帽子をかむった4人の舞人によるこの舞は,「一つの舞」は剣と鈴を持ち優雅に,「二の舞」はそれに跳躍を加えて華やかに舞う。「三の舞」は休止が多く静かに,「四の舞」「五の舞」はあるいは前後に飛び,あるいは円形に歩いて変化があり,「六の舞」は歌と舞が分離し,「七の舞」は採物を杖にして,それを両手に持ち種々の形をつくり,その上を飛んだりくぐったりする。「八の舞」は早い調子の舞であるが,採物は再び剣と鈴になり締めくくりとなる。

名称 神楽―鈴合せ―
よみがな かぐら―すずあわせ―
指定 県指定
種別 無形民俗文化財
種類  
所在地 三次市作木町
員数  
指定年月日 昭和35年3月12日
構造形式  
法量  
公開状況 定期公開はしないが,要請があれば公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする