ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 神楽―入申,塩浄,魔払,荒神,八花,八幡―

画像はありません

【解説】
所伝によるとこの神楽は出雲神楽を伝えたものと言い,舞の形や音楽の調子,さらにこの神楽を「七座神事」と称していたのは,佐陀(さだ)神社の「七社神楽」とつながりをもつなどと言われるが,この七座の神楽はむしろ東城地方の荒神神楽の方に古さがあり,東城とのつながりが濃いと思われる。
神楽は7年及び13年の年番には盛大に行われるが,舞人がすべて神職であることは大きな特色で,舞は素朴古雅の趣があり,はやしも太鼓・笛・手拍子などに斎庭神楽の古型を伝えている。

名称 神楽―入申,塩浄,魔払,荒神,八花,八幡―
よみがな かぐら―いれもうし,しおぎよめ,まはらい,こうじん,やつはな,はちまん―
指定 県指定
種別 無形民俗文化財
種類  
所在地 庄原市高野町,比和町
員数  
指定年月日 昭和34年1月29日
構造形式  
法量  
公開状況 開催時期・場所不定
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする