ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 本山のシャシャンボ

画像はありません

【解説】
大崎町北部にある本山(海抜123m)の南西側山腹,海抜40mの所にある個人宅に近接する土手にシャシャンボの大木がある。樹高は約6m,不規則な瘤状の基部から4本の支幹が曲がりくねって伸び,さらにいくつかの枝を分かって,東西5.5m,南北6.8mの樹冠を形成している。
シャシャンボはツツジ科の常緑低木で,東アジアの暖地に広く分布するが,日本では,関東地方以西に産し,日当たりの良い尾根筋や林縁に生ずる。樹高は普通5m以下で,幹の直径が20cmを越えることは稀で極めて珍しく,県内最大級のものである。

名称 本山のシャシャンボ
よみがな もとやまのしゃしゃんぼ
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 豊田郡大崎上島町
員数  
指定年月日 平成4年10月29日
構造形式  
法量  
公開状況 常時公開(ただし,個人所有地に入る場合は,所有者の許可が必要)
交通案内 ○大西港から東へ約1km
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする