ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 行縢八幡神社の大木群

画像はありません

【解説】
本神社の社叢は,社殿の周辺に,ツガ,カヤ,アラカシ,シラカシ,ヤブツバキなどがかなりの大木になって成育しており,低木層に見られるシキミ,シロダモ,アオキ,ネズミモチなどとともに,中間帯自然植生の名残を留めている。
本神社の社叢は,一部の樹木に自然植生の面影を留めているとはいえ,群落としては不完全である。しかし,これだけの大木がまとまって成育し,しかも分布生態の上で興味深い樹木を含んでいることは,学術的に価値が高い。

名称 行縢八幡神社の大木群
よみがな むかばぎはちまんじんじゃのたいぼくぐん
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 府中市行縢町
員数  
指定年月日 平成3年12月12日
構造形式  
法量  
公開状況 常時公開
交通案内 ○JR「府中駅」から北西へ約10km
○「上下方面行」バスで「行縢」下車,東へ約700m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする