ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 艮神社のクスノキ群

艮神社のクスノキ群

【解説】
艮神社は千光寺山麓,海抜12~20mに位置している。境内には,拝殿の東方に1株(1),社殿南側の階段状に並んだ台地の1,2,4段にそれぞれ1株計3株(2,3,4),合計4株のクスノキが大きな樹冠を広げている。それぞれ樹木の状況は次のようである。
(1)…神社の入口を入ってすぐ右側,拝殿の東前方に位置する最も大きい株である。主幹は地上2.7~3.2mの所で,太さの違う3支幹に分かれる。樹皮上にはコケ類が多数着生している。
(2)…南側階段台地の第1段,社殿寄りにある巨岩の横に生じ,樹幹がやや東に傾いている。
(3)…第2段にあり,樹幹はほぼ直立する。
(4)…最上段の北寄りにあり,(3)の株とほとんど同じ大きさである。

名称 艮神社のクスノキ群
よみがな うしとらじんじゃのくすのきぐん
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 尾道市長江
員数  
指定年月日 昭和63年12月26日
構造形式  
法量  
公開状況 常時公開
交通案内 ○JR「尾道駅」から「尾道市内本線東行」バスで「長江口」下車,北へ約20m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする