ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 本宮八幡神社の社叢

本宮八幡神社の社叢

【解説】
本宮八幡神社は,豊栄町と福富町との境界にそびえる西原山(733.5m)の東側にある海抜400m内外(付近の平野との比高約25m)の丘陵地に位置し,その内側参道および社殿の周囲に,主としてモミ,スギ,ヒノキ,ツクバネガシ,ウラジロガシなどからなる見事な社叢が発達している。
モミとカシ類は社叢の全域にわたって,ほぼ一様に分布しているが,スギは主として社殿から前方の区域に,ヒノキは主として後方に見られる。広島県内陸部の,モミやスギが優先する社叢では,シラカシが出現することが多いが,本社叢では,シラカシは全くなく,代ってツクバネガシが多く生じ,次いでウラジロガシがかなり見られる。また,本神社社叢にはスギの大木が多く,胸高幹囲3mを越えるものが十数本見られる。最大の木(美人杉または千年杉と呼ばれている)は,胸高幹囲8.4mにも達し,県内有数の巨樹である。

名称 本宮八幡神社の社叢
よみがな ほんぐうはちまんじんじゃのしゃそう
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 東広島市豊栄町
員数  
指定年月日 昭和62年12月21日
構造形式  
法量  
公開状況 常時公開
交通案内 ○JR「西条駅」から「豊栄方面行」バスで「賀茂北高等学校前」下車,北西へ約500m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする