ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 仁野のナナミノキ

仁野のナナミノキ

【解説】
ナナミノキ(別名ナナメノキ)は関東地方以西の近畿,中国,四国及び九州の諸地方に生育し,中国にも分布するモチノキ科の常緑広葉高木である。南向きの緩斜面の畑地帯の中腹にある仁野谷観音堂の境内にあり,樹高約17m,胸高幹囲2.64mを測り,県内最大級の規模である。

名称 仁野のナナミノキ
よみがな にののななみのき
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 尾道市御調町
員数  
指定年月日 昭和59年1月23日
構造形式  
法量  
公開状況 常時公開
交通案内 ○尾道市御調支所から東南方向へ新河南橋を通り約8km
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする