ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 三次の地蝋産地

三次の地蝋産地

【解説】
三次産地蝋は,馬洗川にかかる神和橋から下流の250mの来原河原で発見されたわが国で最初の天然産の蝋である。外国での地蝋は第三紀(6500万年前~180万年前)以前の地層で油田や炭田に関係なく,第四紀層(約4万年前)の地層から産出した点で新しい型の産地であり,学術上貴重な価値がある。

名称 三次の地蝋産地
よみがな みよしのちろうさんち
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 三次市高杉町
員数  
指定年月日 昭和58年11月7日
構造形式  
法量  
公開状況 常時公開
交通案内 ○JR「神杉駅」から北東へ約600m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする