ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 都志見のアスナロ

都志見のアスナロ

【解説】
豊平町のほぼ中央の琴谷に町役場があり,その東方約300mの西向き斜面の丘にアスナロの独立木がある。「明日ヒノキになろう」が語源とされているアスナロは,ヒノキ科の常緑針葉樹高木で,ヒノキに似ているが遥かに幅広である。都志見のアスナロは植栽されたものであるが,生育環境の厳しさも考慮に入れて樹令は約250年と推定される。樹高約19m,胸高幹囲2.8m。

名称 都志見のアスナロ
よみがな つしみのあすなろ
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 山県郡北広島町
員数  
指定年月日 昭和58年3月28日
構造形式  
法量  
公開状況 常時公開
交通案内 ○広島自動車道「広島北I.C」から約12km
○「豊平方面行」バスで「琴谷」下車,南へ約300m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする