ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 西城浄久寺のカヤ

西城浄久寺のカヤ

【解説】
本樹は,樹高約22m,胸高幹囲3.98mで,主幹が直立し,枝の発達もよく,樹勢はすこぶる旺盛で多数の果実をつける。カヤとしては県内有数の巨樹である。なお本樹は永禄年間(1568~1570),大富山城主宮高盛が菩提寺を建立した際に植樹したと言われる。

名称 西城浄久寺のカヤ
よみがな さいじょうじょうきゅうじのかや
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 庄原市西城町
員数  
指定年月日 昭和44年4月28日
構造形式  
法量  
公開状況 常時公開
交通案内 ○JR「備後西城駅」から南西へ約3km
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする