ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 八栄神社の大ヒノキ

八栄神社の大ヒノキ

【解説】
本樹二株は八栄神社参道の両側に生育しているもので,樹高は右が約25m,左が約39m,胸高幹囲は右が5.52m,左が4.2mである。石段下から見て左手のヒノキは根元北西側に窪んだ部分があるので「雌ヒノキ」と呼ばれ,右手のヒノキは根元北西側に直径20cm,長さ25cmの突出部があるので「雄ヒノキ」と呼ばれている。「雄ヒノキ」は突起が多い上に支根の発達が顕著で,偉観を呈する奇形樹である。二株ともヒノキとしては県内有数の巨樹である。

名称 八栄神社の大ヒノキ
よみがな やさかじんじゃのおおひのき
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 山県郡北広島町
員数 2株
指定年月日 昭和38年4月27日
構造形式  
法量  
公開状況 常時公開
交通案内 ○「広島バスセンター」,JR「広島駅」新幹線口から「広浜線」バスで「南宮庄」下車,北へ約2km
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする