ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 油木八幡の社叢

画像はありません

【解説】
本社叢は,スギ・モミ・シラカシ・ホウノキ・イヌシデなどの樹種をもって構成され,この地方の原生林の景観を呈している。胸高幹囲1m以上の木は約750本の多きに達し,特にスギ,モミ,シラカシ,ヤマザクラ,ヤマモミジの県内有数の巨樹を含んでいる。なお元弘年中(1331~1334)に名和長年(なわながとし)がその従者3名とともに千本の苗木を植樹したと由緒書に記されている。

名称 油木八幡の社叢
よみがな ゆきはちまんのしゃそう
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 神石郡神石高原町
員数  
指定年月日 昭和32年2月5日
構造形式  
法量  
公開状況 常時公開
交通案内 ○JR「福山駅」から「油木行」又は「東城行」バスで「油木」下車,北へ約700m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする