ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 長束の蓮華松

長束の蓮華松

【解説】
本樹は,山門を入った右手にあって,四方に展開する枝は蓮光寺の前庭約530平方メートルをおおっている。樹種はクロマツで3本の大枝から分かれる大小14枝がみられ,これらは24本の支柱によってほとんど水平に支えられ,陣笠状の樹冠を構成する。
寛政7年(1630)の植樹といわれ,広島藩主はその美しい樹形を称して,「近江唐崎の松」もはだしで逃げるであろうとの意味から本樹を「跣足唐崎松」と命名したと伝えられているほど名木の聞こえが高い。

名称 長束の蓮華松
よみがな ながつかのれんげまつ
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 広島市安佐南区長束
員数  
指定年月日 昭和29年4月23日
構造形式  
法量  
公開状況 常時公開
交通案内 ○「祇園方面行」バスで「祇園大橋北」下車,南西へ約200m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする