ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 鹿川のソテツ

鹿川のソテツ

【解説】
ソテツは亜熱帯地域に自生しているが,昔から人家や寺の境内などに植えられ,その中には巨大な株に生長しているものが少なくない。しかし,根回り周囲5mを越すものは比較的少ない。本樹は根元から大小の六支幹に分かれ,周囲の三支幹は他のほとんど倍長に達する。また各支幹には無数の珠芽(しゅが)が発生して,奇観を呈する。ソテツでは県内有数の巨樹である。

名称 鹿川のソテツ
よみがな かのかわのそてつ
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 江田島市能美町
員数  
指定年月日 昭和25年3月22日
構造形式  
法量 樹高5.35m
公開状況 常時見学可能(写真撮影など,所有者の許可が必要な場合あり)
交通案内 ○「広島港」から高速艇で27分で「中町港」着,国道487号線を約2km南下,東へ約250m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする