ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 古保利の大ヒノキ

古保利の大ヒノキ

【解説】
本樹は古保利薬師収蔵庫前に位置する。樹高は約30mで地上約6mのところで六支幹に分れ県内有数の巨樹であったが,平成3年(1991)の台風・落雷等で折れてしまい,現在は四支幹になっている。

名称 古保利の大ヒノキ
よみがな こほりのおおひのき
指定 県指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 山県郡北広島町
員数  
指定年月日 昭和17年6月9日
構造形式  
法量  
公開状況 常時公開
交通案内 ○中国自動車道「千代田I.C」から北西へ約1.5km
関連施設 名称 古保利薬師収蔵庫
開館時間 10時~16時30分(入館は16時まで)
休館日 月曜日(月曜日が休日の場合翌日),12月28日~1月4日
入館料 一般300円(200円),高校生100円(50円),中学生以下無料
※( )は10人以上の団体,千代田歴史民俗資料館と共通
所在地 山県郡北広島町古保利
電話番号 0826-72-5040
交通案内 ○中国自動車道「千代田I.C」から北西へ約1.5km

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする