ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 八鳥塚谷横穴群

八鳥塚谷横穴群

【解説】
広島県内で現在まで明らかな横穴墓は,比婆郡を中心に約60基があるが,本横穴群のように数基がまとまるものは,常定峰双(つねさだみねそう)横穴群(比婆郡口和町),本郷横穴群(庄原市)があるが,前者はすでに消滅し後者は埋没しており,現在構造の分かる横穴群としては唯一のものといえる。以上のように本横穴群は広島県における古墳時代後期(6~7世紀)における特色ある墳墓であるとともにその分布の状況からみると,山陰地方との関連を考えさせる墳墓としても貴重である。

名称 八鳥塚谷横穴群
よみがな はっとりつかだによこあなぐん
指定 県指定
種別 史跡
種類  
所在地 庄原市西城町
員数  
指定年月日 昭和59年1月23日
構造形式 横穴墓群
法量  
公開状況 常時公開
交通案内 ○JR「備後西城駅」から北東へ約3km
○「県民の森行」「道後山行」バスで「清正」下車,約600m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする