ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 平賀氏の墓地

平賀氏の墓地

【解説】
平賀氏は,文永11年(1274)の文永の役(元寇)を契機に出羽国平鹿郡から高屋保へ新補地頭として入国し,慶長5年(1600)の関ケ原の戦いで領国を失うまで当地で勢力をもっていた。
墓地がある場所は,『芸藩通志』では廃明道寺跡と伝えられ,平賀弘保,隆宗の墓など数多くの宝篋印塔,五輪塔が残っている。

名称 平賀氏の墓地
よみがな ひらがしのぼち
指定 県指定
種別 史跡
種類  
所在地 東広島市高屋町
員数  
指定年月日 昭和44年4月28日
構造形式  
法量  
公開状況 常時一般公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする