ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 頭崎城跡

頭崎城跡

【解説】
平賀氏の居城で,大永3年(1523)築城と伝えられる。天文5~9年(1536~1540)に本城を舞台に一族が大内氏と尼子氏に分かれて戦い,また,天文20年(1551)には「頭崎尾頸合戦」などの毛利氏との合戦によって落城している。これらの合戦を契機として,平賀氏は次第に城域を拡大し,改修を加えていったものと推定され,最高所周辺の郭郡の改修時期は、石垣、畝状竪堀群,桝形等の形態から,永禄年間(1558~1570)を中心とする時期と考えられる。

名称 頭崎城跡
よみがな かしらざきじょうあと
指定 県指定
種別 史跡
種類  
所在地 東広島市高屋町
員数  
指定年月日 昭和44年4月28日
構造形式  
法量  
公開状況 常時一般公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする