ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 御薗宇城跡

御薗宇城跡

【解説】
弘安年間(1278~1287)に平賀氏が築城したと伝えられ,16世紀初頭に白山城に移るまで使用されていたと考えられる。北から南へ下る低丘陵の先端に位置し,外観は馬蹄形を呈する。

名称 御薗宇城跡
よみがな みそのうじょうあと
指定 県指定
種別 史跡
種類  
所在地 東広島市高屋町
員数  
指定年月日 昭和44年4月28日
構造形式  
法量  
公開状況 常時一般公開
交通案内 ○JR西条駅から芸陽バス西高屋・白市行き乗車 「下堀」下車北へ1500m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする