ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 毛利元就誕生伝説地(鈴尾城跡)

毛利元就誕生伝説地(鈴尾城跡)

【解説】
鈴尾城跡は,毛利氏の一族福原氏の居城である。福原広俊(ふくばらひろとし)の娘は,毛利弘元(もうりひろもと)の室となり,興元(おきもと)・元就(もとなり)を生む。元就は明応6年(1497)3月14日,母の里であるこの城内で誕生したと伝えられている。
城跡には本丸・南の郭・西の郭・北の郭・東の郭・台所やしき・井の段・土居の段などの遺構がある。

名称 毛利元就誕生伝説地(鈴尾城跡)
よみがな もうりもとなりたんじょうでんせつち(すずおじょうあと)
指定 県指定
種別 史跡
種類  
所在地 安芸高田市吉田町
員数  
指定年月日 昭和15年11月10日
構造形式 本丸・南のくるわ・西のくるわ・北のくるわ・東のくるわ・台所やしき・井の段・土居の段など12段の遺構
法量  
公開状況 常時公開。本丸へ登ると郡山城跡等,鈴尾城跡を取りまく山城が一望できる。本丸には,展望図もあり景色は良好である。
交通案内 ○JR「向原駅」から約16km
○中国自動車道「高田I.C」から吉田方面へ約15km
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする