ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 熊野の大トチ

熊野の大トチ

【解説】
トチの木は,わが国の山地に分布する落葉高木で,かなりの大木となる。時には人家に植えられたり,街路樹に使用されることもある。
本樹は,大羽川の左岸の川岸斜面に立っており,根元は空洞となっているが樹勢は盛んである。根回り周囲12.20m,樹高約30mで,根元から2本の支幹(目通り幹囲9.60m,5.50m)に分れているが,全国有数の巨樹である。

名称 熊野の大トチ
よみがな くまののおおとち
指定 国指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 庄原市西城町
員数  
指定年月日 昭和33年2月6日
構造形式  
法量 樹高30m
公開状況 常時公開
交通案内 ○JR「比婆山駅」から北西へ約11km(車で15分)
○JR「備後西城駅」から「尺田方面行」バスで「中尺田」下車(ただし,日曜・休日運休),西へ約1km
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする