ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 烏骨鶏

烏骨鶏

【解説】
烏骨鶏は,全身の羽毛の小羽枝がはなればなれになっていて羽面を示さず,羽枝が柔らかで長く,絹糸のようである。それで絹羽鶏という名もある。頭部に桑実状の冠をいただき,毛冠がその後方に直立している。性質は温順で就巣性が強い。羽毛については黒色種のほかに白色種と褐色種の二種がある。烏骨鶏の原産地はアジアであるが,それがインドシナ半島か中国大陸かについては定説がない。
烏骨鶏が日本に渡来したのは江戸時代の寛永年間(1624~1644)と言われる。烏骨鶏は本県にはかなり飼育されていて,オコッケイ,オゴッケイ,オケラ,オケラコウなどと呼ばれている。

名称 烏骨鶏
よみがな うこっけい
指定 国指定
種別 天然記念物
種類  
所在地 地域を定めず
員数  
指定年月日 昭和17年7月21日
構造形式  
法量  
公開状況  
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする