ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 吉川元春館跡庭園

画像はありません

【解説】
安土桃山時代(16世紀後半),吉川元春(1530~1586)の隠居館の庭園。垂直の石組護岸と扁平な石敷池底による極めて人工的な池庭。建物北縁が池護岸,池の北に築山,その東に滝組。築山頂部に立石を据え,三尊石風石組を配する。遺構の残りは極めて良好。
中世末期の庭園として朝倉館跡庭園と並び秀逸である。

名称 吉川元春館跡庭園
よみがな きっかわもとはるやかたあとていえん
指定 国指定
種別 名勝
種類  
所在地 山県郡北広島町
員数  
指定年月日 平成14年9月20日
構造形式  
法量  
公開状況 常時一般公開(吉川元春館跡歴史公園)
交通案内 中国自動車道「千代田I.C」から北へ約10km
関連施設 名称 戦国の庭歴史館
開館時間 午前9時から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日),年末・年始
入館料 一般300円(200円),高校生100円(50円),中学生まで無料 ※( )は団体(10名以上)料金
所在地 山県郡北広島町海応寺255-1(吉川元春館跡隣接地)
電話番号 0826-83-1785
交通案内 中国自動車道「千代田I.C」から北へ約10km

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする