ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 浄土寺庭園

浄土寺庭園

【解説】
浄土寺境内の西北部,方丈(ほうじょう)と庫裡(くり)とに東南を囲われた築山泉水(せんすい)庭である。山畔を利用して築山を構え,前面白砂敷(しらすなじき)との間に細い池を設ける。築山一帯に多数の石を配し,中央滝の石組には特に意匠を凝らしてある。方丈と書院から飛石を打ち並べ,築山の両側から築山背後の茶室・露滴庵(ろてきあん)の露地に続いている。ソテツやツツジ等の刈込物が多い。
寺蔵の古絵図によって本庭は文化3年(1806)長谷川千柳によって作庭され,いわゆる「行の築庭」の様式によったものであることが知られる。また,この絵図によって作庭当初の地割と石組が良く保存されていることが明らかである。

 

名称 浄土寺庭園
よみがな じょうどじていえん
指定 国指定
種別 名勝
種類  
所在地 尾道市東久保町
員数  
指定年月日 昭和52年5月7日
構造形式  
法量  
公開状況 拝観時間:9時~16時30分
料金:大人600円,小中学生300円,団体540円(20名以上)(本堂,阿弥陀堂,庭園共通)
交通案内 ○JR「尾道駅」から「尾道市内本線東行」バスで「浄土寺下」下車
関連施設 名称 浄土寺宝物館
開館時間 9時~16時30分
※入館希望者は浄土寺に申込
休館日 無休
入館料 400円
所在地 尾道市東久保町
電話番号 0848-37-2361
交通案内 ○JR「尾道駅」から「尾道市内本線東行」バスで「浄土寺下」下車

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする