ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 菅茶山関係資料

菅茶山草稿

【解説】
 菅茶山(1748~1827)は,教育者として備後国神辺に黄葉夕陽村舎(のちの廉塾)を開設して人材の育成に尽力するとともに,漢詩人として活躍した。その詩集『黄葉夕陽村舎詩』は同時代人に高く評価され多くの学者・文人と交わりを結んだ。
 本資料は,茶山が詠んだ漢詩集の草稿などの各種草稿類をはじめ,日記類,典籍類,書状類,茶山に贈られた書画・器物類などの一括資料である。
 菅茶山の儒者,漢詩人としての思想・思索及びその形成過程を知ることのできる最も重要な資料であるとともに,茶山を中心とする近世の文人の交友を具体的に示す貴重な資料である。
(参考URL)http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/rekishih/(ふくやま草戸千軒ミュージアム〔県立歴史博物館〕ホームページ)

名称 菅茶山関係資料
よみがな かんちゃざんかんけいしりょう
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 歴史資料
所在地 福山市西町2-4-1(広島県立歴史博物館)
員数

著述稿本類647点
文書・記録類 631点
書画類 331点
書状類 939点
典籍類2,706点
絵図・地図類44点
器物類71点
(合計 5,369点)

指定年月日 平成26年8月21日
構造形式  
法量  
公開状況 広島県立歴史博物館で保管し,一部公開
交通案内 ○JR「福山駅」から西へ約400m
関連施設 名称 広島県立歴史博物館
開館時間 9時~17時(入館は16時30分まで)
休館日 月曜日(休日の場合は開館),12月28日~1月4日
入館料 一般290円(220円),大学生210円(160円),高校生以下は無料
※( )は20名以上の団体,企画展・特別展は別料金
所在地 福山市西町2-4-1
電話番号 084-931-2513
交通案内 ○JR「福山駅」から西へ約400m

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする