ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 紙本墨書後櫻町天皇宸翰心経百九巻

10205019

【解説】
 江戸時代の女性天皇である後桜町天皇(1740~1813,在位1762~70)によって,上皇時代の明和8年(1771)から文化9年(1812)にかけて書写された般若心経109巻からなる。毎巻末に,書写の年号とともに,「智子 上」とある。
 後桜町天皇は,名を智子(としこ)といい,文筆や歌道に優れ,宸記(日記)・宸翰・和歌などが数多く伝世している。この宸翰は,天明の大火(1788)で後桜町上皇の仮の御所となった青蓮院に伝来した。 

名称 紙本墨書後櫻町天皇宸翰心経百九巻(自 明和八年 至 文化九年)
よみがな しほんぼくしょごさくらまちてんのうしんかんしんぎょうひゃくきゅうかん
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 典籍
所在地  
員数 1巻
指定年月日 昭和10年4月30日
構造形式 紙本墨書
法量 縦/九寸一分(27.57cm)、全長/百八十尺五寸(5469.69cm)
公開状況 非公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする