ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 三十二間二方白星兜鉢

三十二間二方白星兜鉢

【解説】
兜鉢は,鉄製三十二枚張二方白星兜で大円山形である。
前後の真中には金銅の地板を敷き,前5条,後2条の篠垂を用いているが,前面両端の篠垂は花先型を二分した片花先型で,篠垂は菊弁刻座,小刻座に縁取りした篠を重ね,中央と片花先型には12点,その左右には11点,後正中は12点の金銅の星を打っている。
地星は鉄一行13点で,腰巻に1点打っている。頂辺の穴は大きく,金銅製の装飾金具をつけている。
本品は眉庇(まびさし)と●(革へんに毎,しころ)を欠失しているものの,全体の形,保存の良好な鎌倉時代末期の貴重な星兜鉢である。

名称 三十二間二方白星兜鉢
よみがな さんじゅうにけんにほうしろほしかぶとはち
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 工芸品
所在地 呉市広大新開
員数 1頭
指定年月日 昭和34年6月27日
構造形式 鉄製
法量 鉢の深さ11.5cm
前後径22.5cm
左右径21.1cm
頂辺穴径3.3cm
公開状況 ○呉港高校内の呉武田学園歴史展示室で随時公開。
【公開時間】9時~16時
(土日祝日及び学校休校日を除く。)
○見学には,事前に電話申込が必要。
【連絡先】呉武田学園法人事務局(0823-73-4656)
交通案内 ○JR「広駅」から北へ約500m
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする