ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 狂言装束(唐人用)

狂言装束(唐人用)

【解説】
狂言の中で今日あまり上演されることのない「唐人相僕」という狂言の装束で,袖の長いシャツの形で前をあわせてボタンでとめるというこの装束が揃っているのは稀である。本品も全部揃っていないが,4領のうち2領は数種類の,他は1種類の繍箔(ぬいはく)を仕立て直したもので,安土桃山時代(1573~1602)の染色刺繍を知る資料となる。

名称 狂言装束(唐人用)
繍箔鳳凰鴛鴦菊文1領
繍箔鳳凰柳桜文1領
繍箔楓菊桐杜若文1領
繍箔柳樹鷺文1領
よみがな きょうげんしょうぞく
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 工芸品
所在地 廿日市市宮島町
員数 4領
指定年月日 昭和38年7月1日
構造形式 狂言装束
法量 (鳳凰鴛鴦菊)丈64cm,裄63cm。(鳳凰柳桜)丈74cm,裄71.3cm。(楓菊桐社若)丈72.3cm,裄65cm。(柳樹鷺)丈93.5cm,裄75.8cm。
公開状況 厳島神社宝物名品展で一部公開
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km
関連施設 名称 厳島神社宝物館
開館時間 8時~17時
休館日 なし
入館料 一般300円(250円),高校生200円(150円),小・中学生100円(70円)
※( )は50人以上の団体,特別展は別料金
所在地 廿日市市宮島町
電話番号 0829-44-2020
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする