ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 短刀(銘山城国西陣住人埋忠明寿)

短刀

【解説】
江戸時代,慶長13年(1608)製造の山城国(現,京都府)の刀匠・埋忠明寿(うめただみょうじゅ)の作である。彼の作品には短刀が多く,刀身に籠の彫刻を施したものが多い。
この短刀に彫りこまれた玉追いの龍の顔は,下あごが大きく角張った受け口で,明寿の特色をよく表している。

名称 短刀
銘山城国西陣住人埋忠明寿
慶長十三年三月日
よみがな たんとう
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 工芸品
所在地 広島市中区上幟町
員数 1口
指定年月日 昭和27年3月29日
構造形式  
法量  
公開状況 非公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする