ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 太刀(銘包次)

太刀

【解説】
鎬(しのぎ)造りで鎬の高い庵棟,鍛は板目に大板目交り地斑入り,刃文は小乱れに小丁字(こちょうじ)交り,大きな焼落しがある。腰反りの高く踏張った太刀姿である。
包次は鎌倉時代初期(13世紀前半)の備中青江派の刀工で,大きな焼落しと太刀銘ある作は少なく好資料である。戦国時代(16世紀)の武将・吉川元長の寄進と伝えられ,「新髭切(しんひげきり)」の号があるという。拵(こしらえ)は,室町時代(1333~1572)の半太刀拵の現存するものとして貴重である。

名称 太刀
銘包次
附黒塗半太刀拵
よみがな たち
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 工芸品
所在地 廿日市市宮島町
員数 1口
指定年月日 大正3年4月17日
構造形式 鍛え板目,刃文直刃
法量 刃長70.8cm,反り2.8cm
公開状況 厳島神社宝物名品展で一部公開
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km
関連施設 名称 厳島神社宝物館
開館時間 8時~17時
休館日 なし
入館料 一般300円(250円),高校生200円(150円),小・中学生100円(70円)
※( )は50人以上の団体,特別展は別料金
所在地 廿日市市宮島町
電話番号 0829-44-2020
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする