ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 木製銅字扁額

画像はありません

【解説】
海上に立つ大鳥居の表裏に掲げられていたもので,一には「厳島大明神」,他には「伊都岐島大明神」とあり,いずれの文字も銅板を切り抜いて板面に釘づけしてある。扁額の外画は木彫で,その内側上下には唐草文様を,左右には上り龍・下り龍を銅板に彫りつけ文様としている。
戦国時代,天文17年(1548)に大内義隆が社殿を修造したおりの奉納と伝えられている。
現在は宝物館に収蔵されている。

名称 木製銅字扁額
(後奈良天皇宸翰)
よみがな もくせいどうじへんがく
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 工芸品
所在地 廿日市市宮島町
員数 2面
指定年月日 明治32年8月1日
構造形式  
法量 (厳島大明神)縦254cm,横148cm,(伊都岐島大明神)縦252cm,横150cm
公開状況 厳島神社宝物館で公開
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km
関連施設 名称 厳島神社宝物館
開館時間 8時~17時
休館日 なし
入館料 一般300円(250円),高校生200円(150円),小・中学生100円(70円)
※( )は50人以上の団体,特別展は別料金
所在地 廿日市市宮島町
電話番号 0829-44-2020
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする