ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 木製彩色楽器

木製彩色楽器

【解説】
この楽器は両者とも舞楽「一曲」の舞人が用いる鼓の一種で,右手に撥(ばち)を持って首から下げた奚婁(けいろう)を打ち,左手で兆鼓(ふりつづみ)を鳴らすという風に,両者は一具として使用される。
奚婁は檜製漆塗の胴に極彩色で宝相華(ほうそうげ)文を描き,紐で首に下げ撥で打つ楽器である。
兆鼓は柄を回転させると糸の先の二個の小玉が鼓の支を打つように造られた楽器で,胴に黒漆をかけ,朱地に金泥で雲龍を描いている。
ともに鎌倉時代の嘉禎年間(1235~1238)の作と思われ,保存がよい。

名称 木製彩色楽器
奚婁,兆鼓
よみがな もくせいさいしょくがっき
けいろう,ふりづつみ
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 工芸品
所在地 廿日市市宮島町
員数 2箇
指定年月日 明治32年8月1日
構造形式  
法量 奚婁(けいろう)径23.5cm,厚さ16.0cm,兆鼓(ふりつづみ)総高39.0cm
公開状況 厳島神社宝物名品展で一部公開
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km
関連施設 名称 厳島神社宝物館
開館時間 8時~17時
休館日 なし
入館料 一般300円(250円),高校生200円(150円),小・中学生100円(70円)
※( )は50人以上の団体,特別展は別料金
所在地 廿日市市宮島町
電話番号 0829-44-2020
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする