ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 鍍金兵庫鎖太刀

鍍金兵庫鎖太刀

【解説】
兵庫鎖太刀は,帯執(おびとり)が細い針金で作られた三筋か四筋の鎖でできているところにその名の言われがあり,平安時代末期から鎌倉時代(12~14世紀前半)にかけて武将の間で流行した。その造りがいかめしいところから厳物(いかもの)造太刀とも,鞘(さや)や柄の表裏に板金を着せ,上下から長い覆輪をかけるところから長覆輪太刀とも呼ばれる。
5口のうち1口は,鞘の板金に蓬莱(ほうらい)文と舞鶴図を毛彫りにし,帯執に三筋の鎖をつけた鎌倉時代中期(13世紀)の作で,13世紀後半の鎌倉将軍である久明親王か惟康親王かいずれかの奉納であるという。

名称 鍍金兵庫鎖太刀
よみがな ときんひょうごぐさりたち
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 工芸品
所在地 廿日市市宮島町
員数 5口
指定年月日 明治32年8月1日
構造形式  
法量 総長97.5cm
公開状況 厳島神社宝物名品展で一部公開
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km
関連施設 名称 厳島神社宝物館
開館時間 8時~17時
休館日 なし
入館料 一般300円(250円),高校生200円(150円),小・中学生100円(70円)
※( )は50人以上の団体,特別展は別料金
所在地 廿日市市宮島町
電話番号 0829-44-2020
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする