ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 木造獅子頭

画像はありません

【解説】
鎌倉時代の正安3年(1301)9月の作で,下顎裏に墨書銘がある。大型のもので,おだやかな刀法で作られており,黒漆塗に金や朱の彩色がよく残っている。鎌倉時代の獅子頭の代表的なものである。付(つけたり)の獅子頭は対をなすものであるが,時代は下る。
丹生(たんじょう)神社は今高野山の鎮守。

名称 木造獅子頭
下顎裏に正安三年九月彫刻の刻銘がある
附木造獅子頭1面
よみがな もくぞうししがしら
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 彫刻
所在地 世羅郡世羅町
員数 1面
指定年月日 昭和39年1月28日
構造形式 木造,漆塗及彩色
法量 高さ25cm,長さ40cm
公開状況 大田庄歴史館で保管
交通案内 ○山陽自動車道「尾道I.C」から車で25分
○山陽自動車道「三原久井I.C」から車で20
○「広島バスセンター」から「ピースライナー」(広島~甲奴)バスで「甲山」下車,約300m
関連施設 名称 大田庄歴史館
開館時間 9時~17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月第3火曜日,毎週月曜日(休日の場合は翌日),12月29日~1月3日
入館料 一般200円(140円),こども100円(70円)
※( )は20人以上の団体
所在地 世羅郡世羅町大字甲山
電話番号 0847‐22-4646
交通案内 ○山陽自動車道「尾道I.C」から車で25分
○山陽自動車道「三原久井I.C」から車で20
○「広島バスセンター」から「ピースライナー」(広島~甲奴)バスで「甲山」下車,約300m

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする