ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 木造飾馬

木造飾馬

【解説】
この飾馬はもと大国神社拝殿に置かれていたものと伝えられ,その姿勢は引く力に対して抵抗しているような力強い姿で,鎌倉時代(1192~1332)の作風をよく示している。
檜材の寄木造で,すべてを白土の下地とし彩色をほどこし,墨漆覆輪の鞍をおいている。眼は玉眼で,立髪には毛のようなものを植え付け,飾りの木製古葉は欠失し,それを止めていた釘のみが残っている。
武士が飾り馬を神社に奉納した例は少なくないが,その最も古い優秀な作である。

名称 木造飾馬
よみがな もくぞうかざりうま
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 彫刻
所在地 廿日市市宮島町
員数 1躯
指定年月日 明治32年8月1日
構造形式 寄木造,玉眼,彩色
法量 高さ82cm
公開状況 厳島神社宝物収蔵庫の企画展で随時公開
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km
関連施設 名称 厳島神社宝物館
開館時間 8時~17時
休館日 なし
入館料 一般300円(250円),高校生200円(150円),小・中学生100円(70円)
※( )は50人以上の団体,特別展は別料金
所在地 廿日市市宮島町
電話番号 0829-44-2020
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする