ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 舞楽面(二ノ舞(2),採桑老,納曾利,抜頭,還城楽,陵王)

舞楽面

【解説】
採桑老(さいそうろう)と陵王(りょうおう)を除いた5面は,承安3年(1173)8月平家一門によって厳島神社に寄進されたもので,その精巧な彫技,薄手な軽快さは後代に見られない。中でも抜頭(ばっとう)は当時著名の仏師行命が京・尊勝寺(そんしょうじ)の面を範として作ったもので,さすがに出色のできばえである。二の舞の二面に「盛国朝臣調進」,納曽利(のそり)に「台磐所調進」,還城楽(かんじょうがく)に「政所御寄進」などその寄進者銘が史的興味をそそる。
採桑老には鎌倉時代の建長元年(1249)の銘がある。

名称 舞楽面
(二ノ舞(2),採桑老,納曾利,抜頭,還城楽,陵王)
よみがな ぶがくめん
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 彫刻
所在地 廿日市市宮島町
員数 7面
指定年月日 明治32年8月1日
構造形式 木造漆地彩色
法量  
公開状況 厳島神社宝物名品展で一部公開
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km
関連施設 名称 厳島神社宝物館
開館時間 8時~17時
休館日 なし
入館料 一般300円(250円),高校生200円(150円),小・中学生100円(70円)
※( )は50人以上の団体,特別展は別料金
所在地 廿日市市宮島町
電話番号 0829-44-2020
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする