ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 厳島神社宝蔵

厳島神社宝蔵

【解説】
室町時代初期(14世紀ごろ)の造営と思われ,天正16年(1588)に毛利輝元が,慶長15年(1610)に福島正則が修理している。昭和9年(1934)に現在の宝物館(登録有形文化財)ができるまで,国宝平家納経をはじめとする神社の宝物が収蔵されていた。五角形の断面をした木材を組み合わせた校倉(あぜくら)としては最古の建物である。
県内にはこの校倉の外に,室町時代(1333~1572)造立と伝えられる熊野神社宝蔵(三次市),江戸時代初期(17世紀)の造立である多家神社宝蔵(府中町)の3棟がある。

 

名称 厳島神社宝蔵
附棟札1枚(永禄八年六月及び天正十六年)
よみがな いつくしまじんじゃほうぞう
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 建造物
所在地 廿日市市宮島町
員数 1棟
指定年月日 昭和24年2月18日
構造形式 桁行二間,梁間一間,校倉,寄棟造,檜皮葺
法量  
公開状況 常時公開
交通案内 ○宮島桟橋から南へ約700m
関連施設 名称 厳島神社宝物館
開館時間 8時~17時
休館日 なし
入館料 一般300円(250円),高校生200円(150円),小・中学生100円(70円)
※( )は50人以上の団体,特別展は別料金
所在地 廿日市市宮島町
電話番号 0829-44-2020
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする