ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 厳島神社五重塔

厳島神社五重塔

【解説】
和様と禅宗様が融合されて,みごとな構成をなす五重塔である。室町時代の応永14年(1407)創建と言われ,露盤(ろばん)下品軒覆の鉄板鋳銘から戦国時代の天文2年(1533)に改修されたことがわかる。九輪を鋳造した廿日市鋳物師(いもじ)山田壱岐守の名もあげられている。
初重の柱は上部を金襴巻(きんらんまき)とした朱漆塗で,それぞれ彩色の寄附者の名が記されている。内陣の天井は雲竜,来迎壁は表に蓮池,裏に白衣観音,周囲の壁板は瀟湘(しょうそう)八景を添景とした真言八祖の壁画である。

 

名称 厳島神社五重塔
よみがな いつくしまじんじゃごじゅうのとう
指定 国指定
種別 重要文化財
種類 建造物
所在地 廿日市市宮島町
員数 1基
指定年月日 明治33年4月7日
構造形式 三間五重塔婆,檜皮葺,高さ27m
法量  
公開状況 常時公開
交通案内 ○宮島桟橋から南へ約650m
関連施設 名称 厳島神社宝物館
開館時間 8時~17時
休館日 なし
入館料 一般300円(250円),高校生200円(150円),小・中学生100円(70円)
※( )は50人以上の団体,特別展は別料金
所在地 廿日市市宮島町
電話番号 0829-44-2020
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする