ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 彩絵檜扇

彩絵檜扇

【解説】
糸まきのひのきの薄板(三十四橋)の表裏に胡粉(ごふん)の下地をほどこし,雲母(きら)を塗り,上に金銀の切箔(きりはく),野毛砂子(のけすなご)を散らし,濃厚な岩絵具を使って表には松の下に公達(きんだち),女房,女童(めわらべ)など三人の姿を,裏には紅梅の老樹咲く州浜に香炉と片輪車を描いてあるが,この両面の絵はともに「あしで文字」をまじえているところから,本来は歌意を表わしたものと思われる。本社古神宝類中の檜扇とともに,平安時代(794~1191)の檜扇としてまれな遺例で,あしで歌絵の資料としても貴重なものである。

 

名称 彩絵檜扇
(伝平氏奉納)
よみがな さいえひおうぎ
指定 国指定
種別 国宝
種類 工芸品
所在地 廿日市市宮島町
員数 1柄
指定年月日 明治32年8月1日(重要文化財指定)
昭和27年11月22日(国宝指定)
構造形式  
法量 縦29cm,横47cm
公開状況 厳島神社宝物名品展で一部公開
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km
関連施設 名称 厳島神社宝物館
開館時間 8時~17時
休館日 なし
入館料 一般300円(250円),高校生200円(150円),小・中学生100円(70円)
※( )は50人以上の団体,特別展は別料金
所在地 廿日市市宮島町
電話番号 0829-44-2020
交通案内 ○宮島桟橋から南西へ約1km

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする