ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財‐日野家住宅表門及び伴部屋

日野家住宅表門及び伴部屋

【解説】
敷地の南正面に建つ。腕木門形式の表門の西方に,
潜り戸を介して,平屋建の伴部屋が番所のように接続
する。表門は木太く端正な佇まいで,広島新田藩吉田
陣屋の門を移したとされる。伴部屋は正面に出格子窓
を付ける。屋敷の表構えに風格のある趣を与える。

名称 日野家住宅表門及び伴部屋
よみがな ひのけじゅうたくおもてもんおよびともべや
指定 国登録
種別  
種類 建造物
所在地 安芸高田市甲田町深瀬
員数 1棟
指定年月日 【登録年月日】平成27年11月17日
構造形式 表門 木造,瓦葺,西方潜り戸付
伴部屋 木造平屋建,瓦葺
法量 表門 間口3.6m
伴部屋 建築面積13平方メートル
公開状況 内部非公開
交通案内 JR上川立駅から北に約1.3km
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする