ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

東区で「安全・安心なまちづくりセミナー」を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2011年9月14日

概要

 平成23年9月7日,広島市東区コミュニティ交流協議会(会長 中村 博)では,今年度2回目になる「減らそう犯罪」推進部会と情報交換部会の合同会議を開催しました。
 会議では,部会長の開催あいさつに続き,「安全・安心なまちづくりセミナー」として,県の環境県民局県民活動課から職員2名を講師として招き,子どもたちの危機回避能力向上に有益な「地域安全マップづくり」について学びました。

講義の様子模擬フィールドワークの様子

 当日は,午後7時からの開催にもかかわらず,協議会の部会長以下約40人のメンバーが参加され,熱心に研修を受けました。60分の研修の前半で,「地域安全マップづくり」の理論を学んだ後,後半部分で東区内の道路,公園,駐車場などのスナップ写真をパワーポイントで体験する模擬フィールドワークを行いました。
 画面を見ながらではありましたが,マップづくりのキーワードとなっている,犯罪の起こりやすい場所は「入りやすく,見えにくい」と具体的に学ぶことができました。
 研修中,熱心にメモをとる方もおられ,大変有意義なセミナーとなりました。参加者からは,「最初に理論的な話を聞いた後に,具体的に自分たちの今住んでいる地域の写真を見ながら学ぶことが出来てとても参考になりました。今度は是非,実際に地域を歩いてマップづくりを体験してみたい。」との前向きな意見もいただきました。

※ 地域での集まりがありましたら,また気軽に声を掛けてください。
可能な限りの支援をさせていただきます。【県民活動課】

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする