このページの本文へ
ページの先頭です。

広島県感染拡大防止協力支援金について

印刷用ページを表示する掲載日2020年5月28日

緊急事態措置期間中 (令和2年4月22日から5月6日まで) に休業等の要請に全面的に協力をいただいた中小企業者等に対し、支援金を支給します。

 申請受付期限を6月8日(月)まで延長しました。

メール提出の場合
令和2年4月30日(木)から令和2年6月8日(月)23時59分受付分まで

郵送の場合
令和2年4月30日(木)から令和2年6月8日(月)まで(6月8日消印有効)

  電話による相談対応は,午前9時~午後5時まで(土日祝日対応)です。
 申請書類はホームページよりダウンロードしてください。
 県庁本館及び東館受付等で配布もしております。
 なお,感染拡大防止のため,相談等は協力支援金センターへお電話ください。

 お願い:県や市町等の窓口でお配りしている申請書類が入った封筒は,返信用封筒ではございませんのでご注意ください。

 受け付けている申請書に記載の施設名を順次掲載していきます。 

 受付処理中の申請書もございますので,すべての施設名が掲載されているわけではございません。

 順次更新いたします。

申請受付施設一覧 (PDFファイル)(4.93MB)
 

5/14 申請マニュアルを一部訂正いたしました。
※P2雇用する従業員数について,「青色事業専従者は含みません」と誤った記載をしておりました。
  雇用する従業員数については,「青色事業専従者を含めて」記載いただくようお願いします。
  青色事業専従者がいる事業者で,雇用する従業員数を0名で提出された方は,お手数ですが協力支援金センターまでご連絡ください。

5/13 Q&Aを更新しました。 広島県感染拡大防止協力支援金Q&A (PDFファイル)(573KB)

※ 中小企業者等には、個人事業主を含みます。

対象者

休業や営業時間短縮の要請等を受けた施設を運営する以下の事業者

  • 個人事業主
  • 中小企業者

※ 4月22日~5月6日までの間、県の要請に協力いただいた場合
※飲食店は休止要請の対象外となっていますが,感染拡大防止の必要性が高い施設であるため,休業等に協力いただいた場合は支援金の対象となります。

条件等

全面的な協力

緊急事態措置の全期間、要請等に応じた休業や食事提供施設における営業時間の短縮を実施すること。

休業等の協力要請の対象となる施設については,こちらからご確認ください。 

https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/2019-ncov/list.html

※飲食店は休止要請の対象外となっていますが,感染拡大防止の必要性が高い施設であるため,休業等に協力いただいた場合は支援金の対象となります。

雇用の維持 (雇用者がいる事業者のみ)

緊急事態措置期間を含む期間において、国の雇用調整助成金を利用することなど雇用の維持に最大限努力すること。

※雇用調整助成金の利用は必須ではありません。

対象者区分 (要件) ・支給額

中小企業者等 (雇用者がいる事業者) 

食事提供施設以外 (休業) … 30万円 (2店舗以上有する事業者50万円)

食事提供施設 (休業) … 30万円 (2店舗以上有する事業者50万円)

食事提供施設 (営業時間の短縮) … 10万円 (2店舗以上有する事業者15万円)

中小企業者等 (雇用者がいない事業主)

食事提供施設以外 (休業) … 20万円

食事提供施設 (休業) … 20万円

食事提供施設 (営業時間の短縮) … 10万円

※ 要請・依頼への協力事業者として、施設名を県のホームページで紹介いたします。
※ 支給後、条件等を満たしていないことが分かった場合、返還義務が生じます。

〈協力支援金 区分表〉

フロー

〈協力支援金 フロー図〉

該当する区分を確認してください。

フロー2


※食事提供施設の区分★は下のフロー図です。

フロー図

提出資料

区分表・フロー図(1)~(6)に該当する方

  • チェックシート( 様式 (Wordファイル)
  • 申請書 ( 様式 (Excelファイル) / 様式 (PDFファイル)
  • 誓約書 ( 様式 (PDFファイル)
  • 営業活動を行っていることがわかる書類(直近の確定申告書及び令和2年3月又は4月の売上がわかる帳簿)
  • 業種に係る営業に必要な許可等を取得していることがわかる書類 
     ※許可が不要な業種の場合は提出不要です。
  • 本人確認書類(運転免許証,パスポート,保険証) 
     ※法人の場合は法人代表者の本人確認書類
  • 休業等の状況がわかる書類(休業を告知するHP,店頭ポスター等) 
     ※写真でも可
  • 振込先口座がわかる通帳の写し(表紙の裏面)
  • 雇用者がいることがわかる書類(労働者名簿,出勤簿等)

参考資料:申請マニュアル (PDFファイル)(8.04MB)

区分表・フロー図(7)~(9)に該当する方

  • チェックシート( 様式 (Wordファイル)(16KB)
  • 申請書 ( 様式 (Excelファイル) / 様式 (PDFファイル)
  • 誓約書 ( 様式 (PDFファイル)(156KB)
  • 営業活動を行っていることがわかる書類(直近の確定申告書及び令和2年3月又は4月の売上がわかる帳簿)
  • 業種に係る営業に必要な許可等を取得していることがわかる書類
     ※許可が不要な業種の場合は提出不要です。
  • 本人確認書類(運転免許証,パスポート,保険証) 
     ※法人の場合は法人代表者の本人確認書類
  • 休業等の状況がわかる書類(休業を告知するHP,店頭ポスター等) 
     ※写真でも可
  • 振込先口座がわかる通帳の写し(表紙の裏面)

参考資料:申請マニュアル (PDFファイル)(8.04MB)

提出方法

郵送又はメールで受け付けています。

郵送の場合

提出書類を次の宛先に郵送してください。

 宛先 : 〒730-8511
  広島県広島市中区基町10番52号 
  広島県商工労働局 協力支援金センター 

※封筒に「広島県感染拡大防止協力支援金申請書 在中」と記入してください。
※実績報告書の場合は「広島県感染拡大防止協力支援金実績報告書 在中」と記入してください。
※配達状況の追跡が可能な簡易書留による提出を推奨します。

メール提出の場合

提出書類を次のメールアドレス宛てに送付してください。

 メールアドレス : syoshienkin@pref.hiroshima.jp

※件名は「広島県感染拡大防止協力支援金申請書」と記入してください。
※実績報告書の場合は,「実績報告書(広島県感染拡大防止協力支援金)」と記入してください。
※メール本文には,添付した資料名を記入いただくようお願いします。
※メールの容量は,1件当たり5MB以内としてください。 
※多数のメール申請により,サーバーがダウンする可能性があります。送信後にエラーメッセージを受信していないかご確認ください。

申請受付期間

メール提出の場合:令和2年4月30日(木)から令和2年6月8日(月)23時59分 受付分まで

郵送の場合:令和2年4月30日(木)から令和2年6月8日(月)まで (6月8日消印有効)

支援金の交付

申請書類を受理した後,その内容を審査のうえ,適正と認められるときは支援金を申請された口座への振り込みにより交付します。
支援金の交付開始は5月中旬を予定しています。

その他

申請書類の審査の結果,本支援金を交付する旨の決定をしたときは,交付決定通知を発送します。なお,審査の結果,本支援金を交付しない旨の決定をしたときは,不交付決定通知を発送します。

PDFダウンロード

問い合わせ先

感染拡大のリスク軽減を図るため,対面での説明や申請受付は控えております。
申請書の書き方など不明な点は,次の窓口に電話でご相談ください。

広島県商工労働局 協力支援金センター

 電話 : 082-513-2828

 受付時間は午前9時~午後5時まで(土日祝日対応)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする