このページの本文へ
ページの先頭です。

療養期間・待機期間の目安算定ツール

印刷用ページを表示する掲載日2022年9月8日
  • 療養 (待機) 最終日の翌日から外出いただけます。
  • 無症状者の方で、検体採取日から5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、5日間経過後 (6日目) に解除が可能です。

診断時の症状はどうでしたか?

症状が発症した日を入力してください。

症状が軽快した日を入力してください。 (※症状軽快とは、解熱剤を使用せず解熱し、かつ呼吸器症状が改善傾向にあることです。症状がまだある場合は、症状軽快後に再算定してください)

検体を採取した日を入力してください。 (療養中に発症した場合は、有症状を選択し、計算してください。)

  • 療養 (待機) 最終日の翌日から外出いただけます。
  • 同居者以外の陽性者と接触した後に、同居者が陽性となった場合は、「3.同居者との濃厚接触者」タブで計算してください。
  • 最終接触日 (陽性者との接触等) から2日目と3日目の抗原定性検査で陰性を確認した場合、3日目から解除可能です。期間短縮については、こちらをご覧ください。

陽性者との最終接触日を入力してください。 (※複数の陽性者と接触した場合は、一番発症が遅かった人との最終接触日を入力してください)

  • 療養 (待機) 最終日の翌日から外出いただけます。
  • 同居者の陽性者が入院するなど、家庭内で感染対策を実施する前に接触機会がなくなった場合は、「2.同居者以外との濃厚接触者」タブで計算してください。
  • 最終接触日 (陽性者との接触等) から2日目と3日目の抗原定性検査で陰性を確認した場合、3日目から解除可能です。期間短縮については、こちらをご覧ください。

陽性者の発症日 (無症状者の場合は、検体採取日) を入力してください。 (※複数の陽性者と接触した場合は、一番発症が遅かった人の発症日 (無症状の場合は、最後に検体を採取した人の採取日) を入力してください)

家の中での感染症対策実施開始日 (※感染対策をしていない場合は、早急に対策をしてください)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする